アメリカ ヴィンテージ雑貨 インテリア アメリカン アンティーク雑貨 インテリア 小物 置物 オブジェ ディスプレイ 通販









































































































アメリカンアンティーク雑貨家具 ビンテージ雑貨家具・レトロ雑貨家具通販ショップ

アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ 価格:8,800円(税込)
ビンテージ・アンティーク フェントン ガラス
フロスト ハンドペイント バスケット

約19cm(高さ)×13cm(横幅)×13cm(奥行) 
素材:ガラス
年代:1993年 90sビンテージ
製造:アメリカ製
メーカー:フェントン・アート・ガラス・カンパニー
状態:新品 デッドストック品
その他:生産中止品・廃盤品
1905年にアメリカで設立されたフェントンアートガラスカンパニー社は、手作りアートガラスでは世界でもっとも有名であり、歴史の長いエレガントガラスメーカーです。

デザイン、形状、色合いなど、パターン化されており、製造年により若干のデザイン変更を施しながら現在でも職人による手作りで生産されているブランドです。

様々なデザイン、形状はインテリアアートとして確立された、優雅な雰囲気を持ち合わせ、世界中にコレクターが存在し、100年以上も支持されております。現在はアクセサリーがメインになり現品は生産されておりません。

こちらの製品は、1993年のシリーズです。
ハンドペイントの作品になります。

また、バスケットの持ち手付け根部分は、製造者を示す刻印、マークが両側に付けられております。

バスケットハンドラーマークと呼ばれ、ハンドルを付けるには多くのスキルが要求されるため、誰が製造者なのかどうかを分かるよう、1950年代から採用されております。

こちらのハンドラーマークは、Ron C, Bayless 氏のマークが付き、そのマークは1956年から1997年まで使用されております。
*ページ下参考

とても美しい造形美はフェントンならではですので、お部屋のインテリアとして良い雰囲気を持っております。
アメリカンアンティーク インテリア雑貨
レトロガラス雑貨 
FENTON フェントン ガラス バスケット
アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ

アメリカンアンティーク インテリア雑貨
レトロガラス雑貨 
FENTON フェントン ガラス バスケット


アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ

約19cm(高さ)×13cm(横幅)×13cm(奥行) 
素材:ガラス
年代:1993年 90sビンテージ
製造:アメリカ製
メーカー:フェントン・アート・ガラス・カンパニー
状態:新品 デッドストック品
その他:生産中止品・廃盤品

アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ

アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ

アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ

アメリカン アンティーク雑貨 ビンテージ雑貨 フェントン ガラス バスケット ハンドメイド アメリカ製 アンティーク インテリア雑貨 USA製 おしゃれ







フェントン・アート・ガラス社は、マルティンスフェリー、オハイオ州の古いガラス工場で兄弟フランク・L・フェントンとジョン・W・フェントンによって1905年に設立されました。

もともとは、彼らが他のガラスメーカーからガラスブランクを描いていたが、彼らは必要な材料を購入できるようになった時、自分達でガラス製品を作り始めました。

彼らはオハイオ川を横切って、ウィリアムズタウン、ウェストバージニア州へ移動し、1906年に工場を建て、1907年にガラス製品の製造を行いました。

フランク・フェントンは、デザイナーやデコレータでした。

1905年から1920年に、デザインが重く、2他のガラス会社がそこに影響を受けました。ティファニーとスチューベン。

しかし、多くの異なった色がジェイコブ・ローゼンタール、チョコレート、黄金の瑪瑙のガラス製品を開発するために知られている、有名なガラス化学者の仕事でした。

1907年の終わりに向かって、フェントン兄弟が最初に導入したカーニバルガラスは、後になって人気のコレクターズアイテムになりました。

大恐慌と第二次世界大戦、フェントン社が原材料不足(例えば、混合ボウルや食器など)したため、実用的なアイテムを生産しました。

同時に、それらは、新しい色を作成し続けました。彼らはまた、ボトルや1938年にフランスで作られたWrisley会社のための香水瓶を生産し、乳白色のガラス靴底の鋲くぎパターン(ホブネイル)をデザインしました。

1939年に、フェントンは靴底の鋲くぎ(ホブネイル)のミルクガラスのアイテムを販売しました。

靴底の鋲くぎ(ホブネイル)ミルクガラスは、トップセールスとなり、フェントン会社は大きくなりました。
 

*上記をクリックするとお支払回数等の詳細がご覧頂けます。   
Copy Right